【簿記3級】手形について

スポンサーリンク

スポンサーリンク

約束手形とは?

約束手形とは、一定の日にいくらを支払うという約束を記載した証券のこと。

約束手形を振り分けた時の仕訳は?

約束手形を振り出した時は、あとで代金を支払わなければならないという義務が生じます。

この支払義務は、「支払手形」(負債)として処理します。

f:id:mk615ts13:20201222020434p:plain

※約束手形を降り出した人を「振出人」といいます。

約束手形の代金を支払った時の仕訳は?

約束手形の支払期日に手形代金を支払った時は代金の支払義務がなくなるので、「支払手形」(負債)の減少として処理する。

f:id:mk615ts13:20201222020727p:plain

約束手形を受け取った時の仕訳は?

約束手形を受け取った時は、あとで代金を受け取ることができるという権利が発生します。

この権利は、「受取手形」(資産)として処理します。

f:id:mk615ts13:20201222023731p:plain

約束手形の代金を受け取った時の仕訳は?

約束手形の支払期日に手形代金を受け取った場合、代金を受け取る権利がなくなるので、受取手形(資産)の減少として処理します。

f:id:mk615ts13:20201222024055p:plain

※約束手形を受け取った人を「受取人」または「名宛人」といいます。

裏書譲渡とは?

約束手形を持っている人は、その手形を他の人に渡すことによって、仕入代金や買掛金を支払うことができます!

持っている手形を他の人に渡すときに、手形の裏面に名前や日付を記入するため、これを手形の裏書譲渡といいます。

約束手形を裏書きして渡した時の仕訳とは?

受取手形(資産)の減少として処理します。

f:id:mk615ts13:20201222030048p:plain

裏書きした約束手形を受け取った時の仕訳は?

受取手形(資産)の増加として処理します。

f:id:mk615ts13:20201222030231p:plain

手形の割引き

約束手形を持っている人は、支払期日前にその手形を銀行に買い取ってもらうことができます。これを、手形の割引きといいます。

約束手形を割り引いた時の仕訳は?

受け取っていた約束手形を銀行で割り引く(銀行に売る)ため、受取手形(資産)の減少として処理します。

f:id:mk615ts13:20201222030654p:plain

そして、手形を割り引く際にかかった手数料は、手形売却損として処理します。

f:id:mk615ts13:20201222030921p:plain

※「〜損」は費用の勘定科目です。