【簿記】三分法とは? 商品を仕入れた時の仕訳

スポンサーリンク

スポンサーリンク

三分法とは?

商品売買について、仕入れ(費用)、売上(収益)、繰越商品(資産)の3つの勘定科目によって処理する方法を、三分法と言います!

三分法で仕訳! 商品を仕入れた時

商品を仕入れた時、三分法では仕入という費用の勘定科目で処理する。

f:id:mk615ts13:20201202002209p:plain

三分法で仕訳! 商品を売り上げた時の仕訳

三分法では、商品を売り上げた時は、売り上げという収益の勘定科目で処理します。

なので、貸方に売上と記入します。

f:id:mk615ts13:20201202002538p:plain

※分記法では、商品を売り上げた時に、そのたびに商品の仕入原価(100円)と売価(150円)から商品売買益を計算していましたが、三分法では、売り上げた時は売値で売上(収益)を計算するだけなので手間がかからないです。🙆‍♀️

 

つまり、

▼分記法だと

f:id:mk615ts13:20201202002950p:plain

なのが、

 

▼三分法だと

f:id:mk615ts13:20201202002538p:plain

 

になるということ!

 

※簿記3級では三分法がメイン!

 

 

自分の勉強のために書いてますが、参考になれば幸いです。

 

参考にしている教科書はこちら↓

スッキリわかる 日商簿記3級 第11版 [テキスト&問題集] (スッキリわかるシリーズ)