【初心者でもわかる簿記の基本】仕訳とは?【簿記3級】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

仕訳とは?簿記の基本

仕訳とは?簿記の基本

仕訳とは?

勘定科目と金額を使って取引をメモする手段のこと。

勘定科目……簿記において取引を記録する簡単な用語。

資産・負債・純資産(資本)・収益・費用の5つに分類されます。

仕訳の書き方・ルール

仕訳では、1つの取引を2つに分けて記入します。

 

例えばあるものを△円で買って、その際お金を△円払いますよね。

この取引を仕訳するとなると次のようになります。

 

(商品) (現金)

 

買って手元に増えた商品と、減った現金のこと、両方記入していきます。

基本的に、増えた勘定科目を左、減ったものを右に記入。

勘定科目について

①資産

勘定科目においての「資産」が意味するのは、

現金や預金、土地などの財産。

f:id:mk615ts13:20200605181305p:plain

資産の項目は、資産が増えたら左(借方)に記入、減ったら右(貸方)に記入します。

②負債

勘定科目においての「負債」が意味するのは、

銀行からの借入金のような、後日お金を払わなくてはいけない借金のことです。

 

負債は資産とは逆の要素ですよね。

なので、記入も逆になります。

f:id:mk615ts13:20200605181843p:plain

負債の項目は、負債が増えたら右(貸方)、減ったら左(借方)に記入です。

③純資産(資本)

勘定科目においての「純資産(資本)」が意味するのは、

会社やお店の元手となるお金です。(個人のお金をお店や会社が活動するためのお金として出資)

f:id:mk615ts13:20200605182403p:plain

純資産(資本)の項目は、純資産(資本)が増えたら右(貸方)、減ったら左(借方)に記入です。

④収益

勘定科目においての「収益」が意味するのは、

利息(銀行の利息など)や売上のように資産が増えること。

f:id:mk615ts13:20200605182724p:plain

収益の項目は、収益が増えたら右(貸方)、減ったら左(借方)に記入です。

⑤費用

勘定科目においての「費用」が意味するのは、

会社やお店が活動するためにどうしても必要な支出のこと。

f:id:mk615ts13:20200605183050p:plain

費用の項目は、費用が増えたら左(借方)、減ったら右(貸方)に記入です。

 仕訳の借方、貸方の合計金額は一緒!

仕訳で左側(借方)に書いた合計金額と、右側(貸方)に書いた合計金額は、必ず一致するようになっています。