【重要】簿記の流れは?実務で使える!【簿記3級】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

簿記の流れをチェックしておこう!

簿記の流れをチェックしておこう!

簿記の流れを理解しておくことは、試験問題を解くうえでももちろん、実務でも重要なポイントです。

 

早速みていきましょう!

簿記とは?

お店や会社が、

  • 物を買う・売る
  • お金を貸す・借りる

など日々の取引を記録しておく手段を「簿記」と言います。

簿記の流れ

簿記の流れとは

簿記の流れはこんな感じです。

常にこの繰り返しなんです。

 

簿記の作業はこの図の通りで、

  • 日々やること
  • 1ヶ月ごとにやること
  • 1年ごとにやること

に分かれます。

簿記の流れ……日々やること

①取引をメモしておく(仕訳)

商品を販売したり、光熱費や従業員に給料を支払ったりする活動を「取引」と言います。

 

日付ごとに金額をメモします。

②仕訳をしたら、総勘定元帳に転記する

総勘定元帳……「現金」や「売上」など、項目ごとに金額をメモするノートのことです。

 

項目ごとに金額をメモします。

③①と②を取引の都度やる

簿記の流れ……1ヶ月ごとにやること

試算表を作る

試算表を作るのは、日々の「仕訳」→「転記」のミスがないか調べる為です。

試算表には3つの種類があります。

①合計試算表

総勘定元帳に記入した数字の「合計」を記入していきます。

②残高試算表

総勘定元帳に記入した数字の「残高」を記入していきます。

③合計残高試算表

合計試算表と残高試算表を組み合わせたものです。

合計」金額と「残高」も記入。

 

日々仕訳や転記を作成し、1ヶ月おきに試算表を作成してミスをなくす。

簿記の流れ……1年ごとにやること

税金を計算する為だったりで1年ごとに財産状況を明らかにする必要があります。

①決算整理をする

1年間の儲けを正しく計算し、修正するために「決算整理」をする。

②精算表を作る

試算表から決算整理、そのあとの損益計算書、貸借対照表の金額を出すまでの過程をまとめた表です。

 

この表から、次の「損益計算書」、「貸借対照表」を作成していきます。

損益計算書……お店がいくら使って儲けて、損したのかという利益・損失の状況を明らかにした表。

貸借対照表……会社の現金や預金、借金などがいくらあるのか財産状況を明らかにした表。

簿記の流れを押さえておくことは重要

簿記の一連の流れを頭に入れておくことは、今後勉強していき、試験を受ける中でも重要です。

 

最初の図に戻り、簿記の流れを頭に入れておきましょう!