朝活がおすすめ!時間を有効活用しよう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィールド, フローラ, マクロ

「なんとなく今の生活を変えたい」「マンネリしてる」

そんな時は早起きして朝活を始めてみるのはいかがですか?

「早起きは三文の得」とも言いますが、具体的な効果が朝活の方法をご紹介します!

朝活とは?

朝活とは「朝活動」の略で、朝早く起きて時間を有効活用することを意味しています!

「時間がない」と感じることも多い現代で流行りだした朝活。

 

「朝活」は使える時間が増えるだけでなく、そのあとの1日を気持ちよく過ごせることでも人気です。

朝活の効果やメリットは?

  • 時間を有効活用できる
  • 仕事効率が上がる
  • 気持ちよく1日を過ごせる
  • 生活リズムが整う

朝活の方法……具体的に何をすれば良い?

簡単な運動やエクササイズ

ウォーキングや筋トレ、ヨガなどの簡単なエクササイズを行うことをおすすめします。

朝から体を動かせば目覚めも良く、そのあとの1日も活発で気持ちよく過ごせることでしょう。

 

またヨガなどを行えば朝から心にゆとりを持てるでしょう。

読書

朝の時間を使って本を読むのも良いでしょう。

普段時間がなくて読めなかった本も朝の時間を有効活用することで、読み切ることができるでしょう。

朝から読書をすることで、すっきりした気持ちで午後も過ごせるはずです。

勉強

英会話などの勉強系の時間にあてるのも良いでしょう。

朝は集中力・記憶力も高まっている状態なので、夜に勉強するよりもおすすめ。

趣味

趣味の時間にするのも良いですね。

その後も1日ハッピーに過ごせそうです。

ゆっくり朝ごはんを食べる

普段朝の準備に時間がなく、バタバタ家出ているという人は、朝活でゆっくり朝ごはんの時間を取ることをおすすめします。

朝ごはんは1日のエネルギーになるので抜いてしまうのはよくないです。

たまにはカフェで朝食を取るのも良いですね。

朝活をするための夜時間の過ごし方

朝なかなか起きれない、朝に弱いひとは、前日の夜の過ごし方を少し見直してみましょう。

深夜まで起きて何かをするよりは朝やる方が効率も良いのでシフトしていくのが良いですね。

  • 食事は寝る3時間前には済ませる
  • 入浴は寝る1時間前には済ませる
  • 寝る30〜1時間前はPCやスマホを見ない

特に最近では寝る前にスマホを触る方も多いと思いますが、あまりよくないです。

寝る前は見ないようにしましょう。

それでも寝れないひとへ

寝れないからといって焦る必要もありません。

暖かい飲み物を飲んだり、ストレッチをしたり、自分の好きな匂いを嗅いだり、とにかくリラックスして過ごしましょう。

また、目を閉じておくだけでも休息効果はあります。

 

全身に力を込めて5~10秒くらいした後、一気に脱力する。という方法も良いみたいです。

私もよくやるのですが、全身の力が抜けてリラックス状態になりやすいので試してみてくださいね。