ワーホリとは?

f:id:mk615ts13:20190220184921j:plain

みなさんこんにちは!こっは〜です!

2020年には東京でオリンピックがあり、ますますグローバル化も進んでいくことと思います。

みなさんの中にも「もっと英語を学びたい!」「海外に行きたい!」と思う方も多いかもしれません。

 

留学に行きたいなぁ〜。短期で語学を勉強したい。

いろいろな情報の中に、「ワーキングホリデー」があります。

 

ワーホリってそもそも何?

年齢制限がある?などなど基本的な情報を解説していきます(*^_^*)

 

ワーキングホリデー(ワーホリ)とは?

ワーキングホリデーでは、海外旅行よりも長期で滞在できるビザを取得できます。

18〜30歳までの日本国民なら、ワーホリに提携している国のワーホリビザを申請・取得することができ、約1〜2年ワーキングホリデーで海外にいくことができます。

 

留学などの学生ビザと違い、ワーキングホリデーのビザなら、学校に行くことができるほか、(就学)旅行や、就労ができる貴重なビザです!

現地で働く経験ができるのはワーホリの特権です!

 

ワーキングホリデーの費用は?

 

ワーキングホリデーに行くにはどのくらいの費用が必要なの?

と疑問に思うと思います。

個人差はありますが、語学学校に通う人ならそれなりに貯蓄するに越したことはないのでは。

半年間働かなくても生活できるくらい(約80〜100万)余裕に持って行く人が多いみたいです。

 

すぐに仕事が見つかれば良いですが、そうでない場合もあると思うので、しっかり準備していた方が楽しめると思います!

 

ちなみに、ワーホリを申請する際にある程度のお金が銀行にないと、審査すら通らない場合がありますので、国ごとに確認してみましょう。

 

ワーホリ協定国一覧

ワーホリに行ける国の一覧です!

 

  • オーストラリア
  • カナダ
  • ニュージーランド
  • イギリス
  • ドイツ
  • フランス
  • アイルランド
  • デンマーク
  • ノルウェー
  • 香港
  • 台湾
  • 韓国
  • ポーランド
  • ポルトガル
  • スロバキア
  • オーストリア
  • ハンガリー
  • スペイン
  • チェコ
  • アルゼンチン
  • チリ
  • アイスランド

なんと22カ国もあるんです!

上の4カ国は中でも人気国です。本格的に英語を学べるので。。

 

目的に合わせて国を選びましょう!

 

オーストラリアのワーホリについてはこちら!

www.kooohaaaaa.com

 

確認してみてくださいね(*^_^*)

 

ワーホリまとめ

いかがでしたでしょうか?

海外で生活しながら働ける経験は人生においても貴重な体験だと思います。

 

本格的に英語を身につけ、現地で更に馴染むことができれば今後ビジネスにも生かすことができるでしょう。

 

年齢制限があるので、少しでも興味のある人はぜひ、一歩踏み出すことをお勧めします!

 

最後まで読んでいただきありがとうございます☆

こっは〜。